top of page
検索
  • MeijoRacingTeam

新入生紹介②

情報工学科1年、茨木北翔です。フレーム班の所属です。趣味はゲームとカメラなどなど多趣味です。

私が学生フォーミュラのことを知ったのは10年ほど前、小学生の頃です。当時は少しも興味もなく、将来その舞台に立つことになるとは少しも思っていませんでした。しかし、この大会の特徴、スポンサーを自分で集めたり、SESやコスト資料すらも学生自身で作らなければならないということを知るうちに、徐々に興味を持って、チームへと加入するに至りました。

さて,私は今年に入ってからチームの広報写真などをいくつか撮ったのですが、実は動体撮影は3支部試走会の時が初めてでした。今後もこのサイトや公式Xに撮影した写真が載離ますので、お見知りおきを。

肝心のチームでの活動についてですが、大会前にはあまり活動できる部分が多くなく、資料の誤字脱字の確認であったり、あるいは工具を持ってくるといった雑用的な活動が主となっていました。今年度車両から、本格的に製作に携わっていくことになると思います。情報工学科であるため、いずれ加工、設計の面では機械系学科のチームメイトに追い抜かれていくことだろうとは思いますが、情報系ならではの貢献の仕方を自問し、強みにしていけたらうれしいと思います。

最後に、ついこの間撮影した写真を貼って、締めとしたいと思います。






閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示

体制発表会、ありがとうございました!

開催から1ヶ月、非常に遅くなってしまいましたが、ようやく落ち着いてブログを更新できるチーム状況になりました。 まずは体制発表会にご参加くださった皆様、並びにスポンサー様、誠にありがとうございました。 当日は80名を超える方にお越しいただきまして、初めてのイベントにしては多くの方に現状をお知らせすることができました。 また、特別講演会では非常に実りあるお話をしていただき、他大学の学生も盛り上がってい

体制発表会イベント④ 特別講演

今回の体制発表に伴い、なんとスペシャルゲストが来てくださることになりました! 株式会社M-TEC 一瀬 俊浩氏が、今回のイベントに来てくださいます!!! そして今回、学生フォーミュラの現役生に向けて、特別講演が決定しました。内容は以下の通りです。 ①「現地」での考え方 走行テストでのプランニングや大会での考え方などをご講演いただきます。 実際に走らせるプロセスにおいて大切なこととは何か、車両性能を

留言


bottom of page